全国TOP >> 埼玉/観光 >> 川越 >> 川越城本丸御殿

川越城本丸御殿

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

川越城本丸御殿とは

川越城本丸御殿 川越城は関東管領の扇谷上杉持朝が、家臣の太田道真・道灌親子に命じて1457年(長禄元年)に築城された。その後江戸時代になると幕府の重役を占める大名が配置された。当時は16棟、1025坪の規模を誇ったが、明治維新後に解体され、大部分は住宅地や公園になった。現在は1848年(寛永元年)時の藩主・松平斉典が建造した本丸御殿の玄関と家老詰所が残り、当時を偲ぶことができる。2007年に築城550周年を向かえ、日本百名城にも選定されている。
今週のランキング:15位 エリア:川越
ジャンル: / 歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称川越城本丸御殿
(かわごえじょうほんまるごてん)
営業時間9:00〜17:00(入館〜16:30)
休業日月曜(月曜が祝は翌日休、第4金曜休、祝の翌日休、年末年始)
料金一般100円(80円)大学生・高校生50円(40円)※()内は20人以上の団体料金
住所埼玉県川越市郭町2-13-1
電話番号049-224-6015

アクセス

東武東上線・JR川越線川越駅より東武バス神明町車庫行15分、札の辻より徒歩8分

川越で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。