全国TOP >> 埼玉/観光 >> 川越 >> 仙波東照宮

仙波東照宮

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

仙波東照宮とは

仙波東照宮 仙波東照宮は、喜多院第二十七世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀ったものである。日光、久能山と並ぶ三大東照宮の一つ。徳川家康の遺骸を、静岡の久能山から日光に運ぶ途中、喜多院に4日間とどめ、家康の信任が厚かった天海僧正が法要を営んだことにより、1633年(寛永10)に建てられた。拝殿には立派な極彩色の装飾が施されてる。1640年(寛永17)の建立の社殿は随身門、鳥居、拝殿、唐門、本殿のすべてが国の重要文化財に指定されている。
今週のランキング:163位 エリア:川越
ジャンル:神社 /

概要

名称仙波東照宮
(せんばとうしょうぐう)
営業時間9:00〜16:00
休業日日曜、祝日のみ拝観可
料金拝観無料
住所埼玉県川越市小仙波町1-21-1
電話番号049-222-5556(川越市観光案内所)

アクセス

東武東上線川越駅西口より小江戸巡回バスで15分、喜多院下車、徒歩2分。または西武鉄道本川越駅より徒歩15分

川越で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。