全国TOP >> 埼玉/観光 >> 川越 >> 氷川神社

氷川神社

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

氷川神社とは

氷川神社 氷川神社は、川越の総鎮守とされ古くから縁結びの神様として信仰の厚い神社。
今から千五百年前の古墳時代に鎮座したといわれている。大宮の氷川神社より分祀、奉斎したもの。江戸時代には入ると、川越城下の総鎮守として信仰されるようになった。現在の社殿は1842(天保13)年の建築で、江戸彫りといわれる精巧な彫刻が施されており、県の重要文化財になっている。また、2組の夫婦神と大巳貴命(おおなむちのみこと)を祀っていることから、縁結びの神、家庭円満の神として古くから信仰を集めている。また敷地内には、結婚式場である氷川会館が建っている。
一年を通じて様々なお祭りが行われ、なかでも10月中旬に行われる「川越まつり」は全国的にも知られる例大祭。関東三大まつりの一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定される。
今週のランキング:32位 エリア:川越
ジャンル:神社 / 重要文化財 / 大鳥居 / 縁結び /

概要

名称氷川神社
(ひかわじんじゃ)
営業時間8:00〜18:00(大晦日・元旦は除く)
休業日無休
料金拝観無料
住所埼玉県川越市宮下町2-11
電話番号049-224-0589

アクセス

東武東上線川越駅東口より東武バス神明町車庫行きで10分、喜多町下車、徒歩3分

川越で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。